「ぎふネイチャーネット」−岐阜市自然・環境活動情報サイト
mail
sitemap
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Today's Nature

達目洞で「収穫祭2017」が開催されました!


2017年10月16日

平成29年10月15日、達目洞において、「収穫祭2017」が開催されました。


これは、達目洞自然の会が、達目洞の保全の一つとして
行っている無農薬の田んぼ作りにおいて、稲刈りなどを
皆さんに体験していただこうという催しです。


当日は、達目洞自然の会の方々、岐阜大学のESDに携わる大学生、中央青少年会館の
ジャンプアップ講座の参加者など、約80人もの人が参加しました。



テントでの受付

当日は、雨天でしたが、多くの親子が参加してくれました。



豚汁の準備1

豚汁の準備2

こちらでは、参加者に振る舞う豚汁の準備を進めました。



開会1

予定時刻となり、いよいよ開会です。



開会2

開会にあたり、達目洞自然の会事務局長である加納さんから、あいさつと達目洞の成り立ち
などについての説明がありました。

達目洞は、信長公の時代に、鹿狩りの場所として知られていたそうです。
信長公記にも出てくるとのこと。歴史を感じますね。



集合写真

参加者の皆さんの集合写真を撮りました。横を向いている子もいますが、それはご愛敬。



ヒメコウホネの説明

達目洞について、もっと知ってもらうため、自然観察を行いました。
これは、達目洞を象徴する植物、ヒメコウホネが咲く逆川(さかしまがわ)での説明です。
時期が遅いので、逆川のヒメコウホネは一つしか花がありませんでした。
このヒメコウホネ、「東海型」に分類されるもので、実はとっても貴重なんです。



湿地の説明

達目洞には、夜な夜なイノシシが出没します。通路の右側にはイノシシが掘った跡があり、皆が驚いていました。



田んぼでの説明

一通り、自然観察した後、いよいよ稲刈り開始です!



稲穂1

稲穂2

稲穂は十分に実っています。



稲刈り1

稲刈り2

稲刈り3

達目洞自然の会の方々が、稲刈りの方法を丁寧に説明してくれました。



稲刈り4

稲刈り5

子ども達は張り切って稲刈りしました。大人達は稲を束ねる役です。



稲刈り6

岐阜大学ESDクオリアの学生も大活躍。



稲刈り7

こちらでは、大学生と子どもの見事な連携!



カヤネズミの巣

生物多様性が豊かな達目洞には、様々な貴重な生きものがいます。これは鳥の巣のようですが、カヤネズミというネズミの巣です。



コオイムシ

川や池の中にいるコオイムシが何匹もいました。子を背負うから子負い虫。
メスがオスの背中に卵を産み付けます。



豚汁1

稲刈りが進む一方で、参加者に振る舞う豚汁も出来きてきました。



収穫

稲刈りが終了し、皆が刈った稲を天日で干すようにしました。



豚汁2

参加者の皆さんに豚汁が振る舞われました。おいしかったのと、たくさん用意してもらえたということもあって、お代わりを10杯!した子もいました。



閉会1

お腹いっぱいになったところで、閉会です。楽しい体験だったと皆さん、満足そうでした。



閉会2

今日は楽しかったと、この笑顔!(^^)!


あいにくの雨でしたが、けがもなく、無事に終了することができました。
達目洞自然の会の皆様、本当にありがとうございました。

今年度は、信長公450プロジェクトと第16回岐阜市まるごと環境フェアの関連で、来週、10月22日(日)にも、達目洞で体験ツアーが開催されます。
興味がある方は、ぜひ来てください!


岐阜市自然環境課




更新情報
 
Event Calender

2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 
   
copyright(c) gifu-nature 2006 All rights reserved.