「ぎふネイチャーネット」−岐阜市自然・環境活動情報サイト
mail
sitemap
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

【イベント報告】達目洞定例作業&ドロンコ遊び


5月17日(月曜日) 14時37分22秒

5月15日に行われた達目洞自然で行われた定例活動・自然観察会とドロンコ遊びの様子を報告します。
天気が良かったこともあり、達目洞自然の会の会員さんのほかに、岐阜北幼稚園の園児や岐阜大学の学生さんなど多くの人たちが参加がありました。

魚の観察の様子

当日は、ヒメコウホネや逆川で見られる魚の観察からスタートしました。達目洞には、多くの魚たちがいることを子ども達や大学生にわかってもらえたようです。

ヒメコウホネの観察

咲き始めた、ヒメコウホネももちろん観察しました。
達目洞自然の会の加納さんに説明してもらいながらヒメコウホネを観察することができました。

観察が終わると、作業班とドロンコ遊び班に分かれて、参加者それぞれ活動を行いました。

ドロンコ遊びの様子

ドロンコ遊び班は田植え前の代掻きされた田んぼで、綱引きやドッヂボール、ボールを使ったビーチフラッグなど大学生が考えてくれた企画を満喫しました。
参加した子ども達も大学生も最後には、ドロドロ、真っ黒になりながら楽しんでいました。

ドロンコ遊びの後、毎年恒例となっている豚汁が振舞われました。
ドロンコ遊びで、少し冷えた体を豚汁が暖めてくれます。
一人で3・4杯食べる子ども達もいて、大盛況でした。

その他にも当日は、清流国体のマスコットであるミナモ
が来たり、盛りだくさんの1日になりました。

今回の企画を開催してくれた達目洞自然の会のみなさんや、ドロンコ遊びの準備をして頂いた北幼稚園の先生・岐阜大学生のみなさんお疲れまでした。

自然環境課 谷口


copyright(c) gifu-nature 2006 All rights reserved.