「ぎふネイチャーネット」−岐阜市自然・環境活動情報サイト
mail
sitemap
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

イベント報告 第7回岐阜市まるごと環境フェア1日目


10月29日(水曜日) 10時44分25秒

先週末の25・26日に長良川国際会議場で第7回岐阜市まるごと環境フェアが開催されました。今回は、まるごと環境フェアの1日目の様子を報告します。
メインホールではアースレンジャー子供会議が行われ、中学生以下の子ども達が日頃から取り組んでいる環境活動について劇や壁新聞、パワーポイントを使って発表しました。

<岐阜北幼稚園の発表 「達目洞だいすき」>
岐阜北幼稚園の子ども達はかわいらしく、体を使って達目洞での観察した生き物などについて発表してくれました。
その他にも則武子ども会インリーダー、長森南中学校、長森西子ども会インリーダー、三輪中学校、陽南中学校の全部で6つの団体の子ども達がすばらしい発表をしてくれました。

<がやがや会議の様子>
発表の後に、楽しい環境クイズを行ってから子ども達は、4つのテーマに分かれ環境について自分達ができることを真剣に考え、話合いました。

話あった内容は岐阜市子ども環境宣言としてまとめ、岐阜市教育長に手渡しました。中学生の子ども達が中心になってしっかりと環境について何ができるのかを考えることができました。

昼からは、国際会議室で環境問題に関心のある学生(高校生〜大学生)によるワークショップが行われました。
ワークショップ内容は、
「無人島にいくなら何をもっていく!」「無人島で明るく楽しく生き抜く」といったもので、無人島での生活を考えながら持続可能な社会や資源の問題について楽しく考えました。

<ワークショップの様子>

1時間半という限られた時間でしたが、このように多くの意見が出ました。最後に出た意見をまとめてそれぞれ発表し全体で共有を行いました。学生同士の意見交換に留まらず、環境について深く考えることができました。


学生環境会議の来年の開催を確認し、終了しました。
NPOの皆さん、学生の皆さんお手伝いして頂いた皆さん本当にありがとうございました。環境について考える中身の濃い1日なりました。

自然環境課


copyright(c) gifu-nature 2006 All rights reserved.