「ぎふネイチャーネット」−岐阜市自然・環境活動情報サイト
mail
sitemap
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

【活動報告】西郷小学校 カワゲラウォッチング


9月25日(木曜日) 14時35分30秒

今日は、西郷小学校の4年生と板屋川でカワゲラウォッチングを行いました。カワゲラウォッチングでは、川にいる水生生物を調べることで川の水質を知り、そこから水質保全や浄化の重要性を感じるプログラムです。
今回は、まず各班にわかれて水質の調査をCOD(水質の汚れを調べる時の指標,数値が高いほど汚れている)とPH(7.0を中性とし、酸性とアルカリ性を調べる指標)のパックテストを用いて行いました。
パックテストでは多くの班が、板屋川の水は弱アルカリ性で若干汚れているという結果になりました。
パックテストの様子

次に、川に入り生き物の採取を行います。水中を除いたり、水草や川のふちを網ですくったりしながら、生き物を探しました。たくさんの魚や水生生物を採取することができました。
採取の様子


採取し終わってから、どんな生きものがいるか見てみると、きれいな川に生息しているカワゲラなどは見つからず、ゲンジボタルやカワニナ、スジエビなど少し汚れている水で生息している生き物が多かったことがわかりました。
生き物の調査とパックテストの結果がほぼ同じような結果であることから、板屋川の水は少し汚れていることがわかりました。
現在の板屋川では、6月になると多くのホタルが見られるけれども今後も長く見られるようにするには、ゴミのポイ捨てや生活排水などを気にする必要があると子ども達に話をし終わりました。

このような体験を通して子ども達が水の大切さを実感し、少しでも身近な自然を気にしてくれるようになればと思いました。

自然環境課 山内


copyright(c) gifu-nature 2006 All rights reserved.