「ぎふネイチャーネット」−岐阜市自然・環境活動情報サイト
mail
sitemap
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

達目洞で田植えをしました


6月18日(月曜日) 15時24分06秒

平成30年6月17日(日)、達目洞で田植えが行われました。

この田植えは、達目洞自然の会が、達目洞の保全の一環として進めている、無農薬のお米作りの一連の活動の一つです。

当日の活動は、中央青少年会館の講座、岐阜大学、岐阜聖徳学園大学の授業、岐阜大学環境サークルESDクオリアのサークル活動なども兼ねており、大勢の人たちが集まりました。

活動の最初に、達目洞自然の会 加納事務局長よりあいさつ。

集合写真

集合写真撮影後、達目洞の自然を観察しました。
この川は、ヒメコウホネが自生する逆川(さかしまがわ)です。

ヒメコウホネは黄色いかわいらしい花を咲かせます。

達目洞の自然を観察した後、いよいよ田植えの開始です。
田んぼに入る前に田植えのやり方のレクチャーを受けました。

田んぼに苗を投げて、田植え開始です!

子どもたち、お父さん、お母さんも一生懸命田植えをしていました。

田植えが一段落したら、別の苗を植えていない田んぼでどろんこ遊びが始まりました!
なかなかここまで、泥だらけになる機会はないので、みんな楽しそうでした。

泥んこになって遊んだ後、達目洞自然の会のみなさんから豚汁が振る舞われました。
汗を流した後の豚汁は格別です。参加者の方たちは美味しい美味しいと言いながら食べられていました。

達目洞自然の会の方々をはじめ、参加された皆さま、お疲れさまでした!
田植えをしている時でも、子どもたちは色々な生きものを発見したりして、達目洞の自然を楽しんでいました。

10月には収穫祭が開催されます。それ以外にも通常の保全作業は、毎月、第三土曜日の午前中に行われています。興味がある方はぜひお越しください。

岐阜市自然環境課


copyright(c) gifu-nature 2006 All rights reserved.