「ぎふネイチャーネット」−岐阜市自然・環境活動情報サイト
mail
sitemap
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

アオハダ


 

アオハダの葉
■金華山での主な分布
  七曲り登山道 中腹
■花:5〜6月
■実:9〜10月

■分類 ユキノシタ科−モチノキ属
■分布地 北海道〜九州までの全国に幅広く分布。
■木(枝) 雌雄株の落葉高木で成長すると木の高さは成長すると8〜10m。樹皮は灰白色で皮目がある。
■葉 長さ4〜9cmの卵形〜広卵形の葉で、表面は緑色、裏面は淡緑色。葉縁は低鋸歯がある。
■花 5〜6月に枝に緑白色の花を数個つける。花の直径は約4mm。花弁は4〜5枚。
■実 9〜10月核果で直径約7mm、赤く熟す。
■その他 名前の由来:外皮をはがすと内側が緑色であることが由来といわれている。


 


カテゴリ:
copyright(c) gifu-nature 2006 All rights reserved.