「ぎふネイチャーネット」−岐阜市自然・環境活動情報サイト
mail
sitemap
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

インターンシップを終えて


8月5日(金曜日) 16時47分52秒

8月の1日から5日までの5日間、岐阜市役所でインターンシップ体験をさせていただきました。

初日は、午前中に金華山の学習センターへ行き、トイレや屋根の上、部屋の掃除をしました。午後からは、大洞の里山へ行き、次の日のマップコンクールの絵地図作りの手伝いをするために下見と予習をしました。その時たまたまテレビの取材があり、なんとテレビに出演しました。

硯石

<絵地図作りのために硯石の説明を受ける小学生>

2日目は、マップコンクールと貝類調査を行いました。
貝類調査では、田んぼへ行き貝類の生態系を調査しました。

貝調査

場所が少し違うだけで住んでいる生物も違ってくるので環境がそれだけ変化しているんだなと、感じました。

3日目は、魚類調査を、専門家の先生方に教えていただきながら行いました。
きれいな場所と少し汚れた場所では、棲んでいる生物も全然違いました。
職員の行動で気づいたことは、専門家との信頼関係を大切にしていることです。仕事を依頼しに行くにも信頼関係は大切だということを学びました。

4日目は、達目洞へ行きました。

達目洞

この機会に初めて達目洞へ行ったので知らないことばかりでしたが午前中に2時間ほど勉強し、まとめ、夕方には達目洞へ行ったことのない市役所の職員の方の案内役をやらせていただきました。説明をする際には、しっかりとした裏付けをとることが大切です。説明の1つ1つに、責任を持って取り組まなければなりません。

5日目は、金華山に行きました。

金華山

十時会という森林ボランティア活動団体の方と一緒に山道の補修を行いました。
十時会のような方々がいるから一般の方でも気軽に登山することができるんだなと実感しました。
この実習でも実感しましたが、信頼関係はとても大切です。一般の方の協力がなければ成り立ちません。なのでつながりの大切さを学びました。

市役所だけではすべてを管理することはなかなかできません。なので地域の方や有識者や専門家、地域団体と一緒に町を作っていくこと、それが市役所の仕事だと感じました。
来年には就職活動です。今回のインターンシップで学んだ多くのことを就職活動に、そして将来の自分のために活かしていきたいです。
忙しい中貴重な体験をさせていただいた自然環境課のみなさんありがとうございました。

名古屋商科大学     吉田 達彦
岐阜工業高等専門学校  日比野 高博


copyright(c) gifu-nature 2006 All rights reserved.